読書人間の電子書斎

〜今まで読んだ本を記録して自分だけの図書室を作るブログ〜

マギー見たさに…「ザ・ボーイ~人形の館~」

 

これ、ウォーキングデッドのマギー(ローレン・コーハン)が

出演してたから観たんだけど…私の理解力がなさすぎるのか
後半がよくわからなかった。
 
ザ・ボーイ ~残虐人形遊戯~ [DVD]

ザ・ボーイ ~残虐人形遊戯~ [DVD]

  • 発売日: 2020/12/02
  • メディア: DVD
 

 

ローレン演じるグレタはある事情でアメリカからイギリスへ
ベビーシッターの仕事をするためにとある館に訪れた
 
そこには老夫婦が…
 
ブラームスという名前の人形を世話してほしいと
10のルールをかいた紙をグレタに渡す
朝は何時に起こしてとか
寝る前はキスしてとか
音楽を聞かせてとか
そんなのがかいてある
 
そして、老夫婦は旅行に出るが旅先で自殺する
 
一方、グレタは人形であるブラームスを人間のように可愛がるなんて
バカらしいと最初は思ってたけど
 
ブラームスが勝手に動いたりと不思議なかいてある現象が起こることで
過去に子供を流産したグレタはブラームスに興味を抱く
 
…が、やばい…誰だっけ…マルコムだっけ
おそらく、グレタに好意を寄せるマルコムという男性が館にくる
そこで、グレタはブラームスの秘密をとマルコムに打ち明け
二人の距離は一気に縮まっていく
 
それを見ていたブラームスが暴走していく
 
☆感想
 
んーーー、最初は老夫婦が亡くした子供の霊が
ブラームスに、宿ってるのかなっておもってたんだけども
(ちょいちょい老夫婦がさと一緒に写る子供の写真とかでてきてたし)
 
そうじゃなかった
 
後半はもう心霊的な怖さではなくアクションだった。
 
さすが、マギー。
 
しかし、物語の中盤から深まっていく謎といい
「やつ」が登場したときの「お前、いたんかーい」みたいな怒濤の勢い
そして、流れるようなアクションが、なかなか、面白い映画だった。
 
また、ブラームスも無表情な人形のはずなのに
光の加減で笑ってるようにも見えて不気味だった。
 
ただ、怖くはない。
 
でも、胸毛がすごく印象に残ってる。
 
その、なんだ…朝から観るものではなかったな…
/
 にほんブログ村 映画ブログ 映画日記へ