読書人間の電子書斎

〜今まで読んだ本を記録して自分だけの図書室を作るブログ〜

【私の人生のドラマ】「名探偵モンク」海外ドラマ

人生を賭けても良いほど、推していきたいコメディミステリー海外ドラマ

名探偵モンク

シーズン8まであります

あらすじ

妻のトゥルーディーを自動車爆弾で亡くした元刑事のエイドリアン・モンク

彼は極度の潔癖症、ocd(強迫神経症)、30以上の恐怖症をかかえている

もはや、生活に支障をきたすレベル

 

例をあげると、人と握手したら除菌ティッシュで手をふく、部屋のインテリアはは四角か丸で統一し偶数でシンメトリーに並べる、裸恐怖症で自分の裸を見てショックで記憶が飛び夢遊状態になったり、地震の恐怖で言語を忘れるなど…

 

足踏みワインを飲んでしまい「ああ!足の味がする…足の指の味もしてきた…足の指の間の味だ!」などと有り得ない言い回しをするのも面白い

 

しかし彼は犯罪コンサルタント(探偵)としての才能があった

 

精神疾患の特性で少しの違和感に気付いたり、驚異的な記憶力で事件を解決に導いていくのだ

 

ナタリーや、シャローナといった助手をつれて、ストットルマイヤー警部やディッシャー警部補とともに活躍して、時には恐怖症を乗り越えたり乗り超えられなかったりする名作海外ドラマである

 

また、モンクさんの引きこもり30年選手のアンブローズ、モンクさんとカウンセラーの取り合いをするライバルのハロルド・クレンショー、モンクさんのストーカーなど…脇役も良い味を出している

 

また、ゲストも豪華である

 

オープニング曲がシーズン通して変わらないのも良い

(1回だけヒップホップになった事はあるけど…)

 

大まかな感想

10年以上前にこのドラマに出会い地味なおじさんが主人公で大丈夫かいなこりゃ…と思いながら観たのだけども、シーズン8もあるのにマンネリもなく1話も面白くないエピソードがなくぶっ続けで観てしまった

 

吹き替えの角野卓造さんの声もハマってる

 

怖いものだらけのくせに死体平気だし、ふだんはしょうもない事でビビり散らかしてるくせに犯人とやりあっても次の話ではケロッとしてるモンクさんのわけのわからんメンタルにも魅せられたし

基本的にコメディとして話は進んでいくのに、亡きトゥルーディーの回でしっかり泣かせてくるメリハリが良いドラマなのだ

 

このドラマってモンクさんが潔癖症だから、伝染る病気の人を大げさに避けたりと感じが悪くうつる事もある

また、精神疾患をテーマにしてるのでけっこう不謹慎なんじゃね?と現代なら炎上しそうな場面もあるんだけど、私のような不安障害などの恐怖症をかかえる当事者のいち感想としては「あるある!」と楽しめる

 

精神疾患者という重いテーマもコミカルに描かれていて嫌悪感が湧かないのだ

 

最終回はモンクさんに会えなくなると思い観るのが嫌だったほどだった 

 

だけど、トゥルーディーの真実が明らかになり、エンディングでモンクさん役のトニー・シャルーブによるトゥルーディーに送る歌が流れる

その歌詞がまた観る人に余韻を残して切なくなるけど、モンクさんの幸せを願いながら観終わる事になる

切なさと暖まる心がせめぎ合うすごい最終回だと個人的に思う

 

海外ドラマ史上、1番きれいに終わったドラマだし、私の人生の推しドラマでもある

 

Huluで観れるのでBGMがわりに何回も鬼リピしている

 

落ち込んでいる時もモンクさんを観ていると元気が出るのだ

 

 

【劇場版】「きのう何食べた?」【よしながふみ】

私の癒やしであるドラマ「きのう何食べた?

もうBGMがわりに部屋で流し見している程度には好きですが、その劇場版がアマプラで配信されたので観ました!

劇場版「きのう何食べた?

 

ケンジとワタルが好き!

ということで、感想をつらつら書いていこうと思います

 

あらすじ

★登場人物

 

シロさん

この物語の主人公で弁護士

わりとケチで節約家、ケンジの浪費癖に肝を冷やしている

 

ケンジ

シロさんラブの乙女、美容師

めちゃくちゃ嫉妬深い

 

小日向さん

芸能人のマネージャーでガタイが良い

良い意味で素直で、恋人のワタルに振り回され気味

 

ワタル(ジルベール

デイトレーダー、小日向さんに無茶ぶりしまくる独裁者で毒舌家

ケンジに謎の対抗意識を燃やしている、言葉はきついけど正論を言う

 

佳代子さん

食料が多い時にシロさんと分け合う主婦仲間

 

 

ケチなシロさんが、ケンジに京都旅行に誘う

浮かれるケンジだったが、旅行が楽しくなればなるほど「なんで?ケチなシロさんが?」と不安になる所から幕を開ける

 

小日向さんやワタルを家に招き佳代子さんと一緒に料理を作ったり

ケンジの父親が亡くなったりするが決してシリアスにはならず、ケンジはそれをきっかけに母や姉たちと絆を深めたり

おおむね、ドラマと同じ流れ

 

ある日、シロさんのもとに刑事裁判の依頼が舞い降りた

それはホームレスが冤罪で殺人容疑をかけられたというもの、、、

意を決して修先生と裁判に挑むものの敗訴

ホームレスのおじいさんは「そんなもんなんだよ、俺らみたいなもんは無理だ」と諦めてしまうが、そんな事で放っておけないシロさんと修先生は再審をする事に決めた

 

さらに、そこへ追い打ちをかけたのはケンジの浮気疑惑だった

(見ている側は分かるけど、完全なる誤解)

 

感想

劇場版だから変に盛り上がりを作ったり原作改変するわけでもなく、2時間ほどの枠の中にドラマの「きのう何食べた?」を詰め込んだ感じで良かった

 

★印象的だった場面①

 

孫ができた佳代子さんの幸せを素直に喜ぶシロさんとケンジに苛ついてケチをつけるワタルは相変わらずワタル節全開

話の流れとか漫画読んでるとワタルは親にも周りにもゲイである事を非難でもされてたのかな

なんというか…同性愛者って生産性がないとか政治家が言ったりするのを現実世界でも聞くし、佳世子さんの孫の話を聞いたワタルからすると自分達の存在が異性愛者の人に「意味ない」って否定されてる気がして面白くなかったんだろうな…と

うまく説明できない…がワタルの真意は分かる

 

私は素直になれなくて誤解されやすいワタルだから、なんかほっとけなくて好きなんだよなあ

 

★印象的だった場面②

 

京都旅行でケンジがケチなシロさんが旅行に連れてってくれるなんて「シロさん病気で死ぬの?」と本気で心配してたのを笑ったシロさんだったけど、映画の後半で髪を切って現れたケンジにシロさんが「お前、病院にも行ってたし死ぬのか?」「…死なないよな」と泣くシロさんを見てこの二人は死が別つ事を恐れるほどにお互いを想い合ってるんだなあと感じて、私もほろりときた

 

ケンジのお父さんが亡くなったりしたのも、死を考えてしまうきっかけになったんだろう

 

ぶっきらぼうに見えるシロさんのデレが見れる良い映画だった

 

 

ただ、ホームレスのおじいさんの再審をするとは決めたけど、そのまま放りっぱなしになったまま終わったので、そこら辺に尻切れトンボ感があったのが残念ポイント

そこだけなんとかならんかな…ほら、ドラマシーズン2とかを放送してそこで続きをやるとか…

 

(シーズン2やってください、お願いします)

 

 

 

 

 

【金田一耕助シリーズ】「悪魔の手毬唄」横溝正史

横溝正史は19才から20代前半まで好きで読んでいたけれど、もう忘れかけているので再読しました

 

悪魔の手毬唄

私が読んだ方はこちらの表紙、同じく昭和52年4月20日の30版です↓

やはり横溝は杉本一文のオドロオドロ表紙が1番です

ただ「悪魔の手毬唄」読んだのたぶん今年の1月ごろだったと思うので、さっそく内容忘れかけてます…ので、ざっくりとした感想になるけどかいていきたいと思います

(間違えてるところがあるかもしれません)

 

あらすじ

まず相関図がややこしいので…

 

 

*主要人物

 

仁礼嘉平(仁礼の主人)

咲枝(嘉平の妹)

文子(咲枝の娘)

 

由良敦子(由良の当主)

泰子(敦子の娘)

 

多々羅放庵

恩田幾三

 

源次郎(亀の湯当主)

青池リカ(源次郎の嫁)

歌名雄(リカの息子、泰子と付き合っている)

里子(リカの娘)

 

別所辰蔵(ぶどう酒工場の主人)

春江(辰蔵の妹)

大空ゆかり(錠前屋の娘)

 

 

磯川警部の紹介状で、金田一耕助は岡山にある鬼首村の「亀の湯」という温泉宿に宿泊する事になった

 

鬼首村は「仁礼家」と「由良家」が勢力になっており、仁礼を「秤屋」由良を「枡屋」という屋号がある

 

事は遡り大正、仁礼家の主人はぶどうを栽培することに成功し鬼首村の資源になった

それが面白くない由良家の主人のもとに昭和6年に素姓の知れぬ「恩田」という男が副業を持ってやってきた、由良の主人はそれに乗ったがそれが良くなかった

 

恩田は詐欺師だった

 

それに感づいた「亀の湯」の次男、源次郎が恩田が身を寄せている「多々羅放庵」の家の離れへ詰問しに行く

とっちめようとした所を、逆襲に合ってしまい殺されてしまったのだ

 

陰惨な事件の数々を知ったその2週間後、金田一は「おりん」という不気味な老婆とすれ違う

おりんは多々羅放庵の5人目の嫁、しかしおりんはすでに亡くなっていると知る

心配になった金田一は多々羅放庵の元へ訪れるが、放庵は部屋に血痕を残しいなくなっていた

 

その後、里帰りをしたゆかりが鬼首村に来て、この村を取り巻く人々が出揃った

 

その夜、最初の犠牲者が出る

泰子が口に漏斗を押し込まれ水責めにされ殺されていたのだ

 

鬼首村に伝わる数え歌になぞらえ次々と殺人がおきる

数々の容疑者に翻弄される金田一は犯人を突き止めることができるのか?

 

感想

たしか「獄門島」も歌になぞらえて殺人が起きる見立て殺人ものだった

基本、推理小説界隈では見立て殺人には意味がないものと言われていたが、この「獄門島」は初めて見立て殺人に意味をもたせた作品だった 

 

私個人はこの「獄門島」が良作だったと感じているので「悪魔の手毬唄」に関しては見立て殺人にする意味があったのか…まあそこは横溝正史が書きたかったのかなという印象を受けた

 

動機もややうすいように感じた

 

というけれど、やっぱり名作だった

 

読んでいて見事にミスリードされてしまったし、数え歌のために小道具を使って殺害するけど、この小道具も作中で話を面白くする良い仕事をしていた

 

ネタバレしたくないからほぼ詳しくかけないけど、犯人判明の場面で脱力した

殺害した人物の顔を見た犯人の気持ちを思うと、犯人を知った人物の気持ちを考えるとかわいそうで仕方なかった

 

トリック云々よりも村の人間の思惑や愚かな行為が影響して今回の悲劇が起きたというところと、横溝正史の作品にしてはド級に悲しくやりきれない作品だった

 

動機がうすいとかいたけど、これは所詮第三者から見た感想だし、犯人からすると恨み、憎しみが積もり積もっていたのだろう

 

絶妙な後味の悪さがある読後感だった

 

次は「八つ墓村」でも読もうかなあと思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【時代が変われば鬱野も変わる】「鬱ごはん」4巻 施川ユウキ

このコミックのターニングポイントになったのではないかと感じた4巻

 

ellery0y.hatenablog.com

↑3巻ではまだ鬱野は、なんだか自分なりに楽しんで生きてるけどまだ自分の殻の中で生きてるって印象だった

 

だけど4巻では私達が生きる世界と同じように、鬱野の世界でもコロナが蔓延する

もちろん、バイト先のシフトも減りウーバーイーツの配達員をする事になる

 

コロナ禍で変わっていく生活様式ひとり飯も今までとは違う

 

でも鬱野は大したことでもないようにすんなり受けいれ、今までと同じようにひとりプールへ行ったり、手品を習得しようとしたりとゆったりとしたペースを歩んでいく、むしろコロナ禍で鬱野が暮らしやすくなったのではないかと感じた4巻だった

 

ちなみに作者さんの画力も上がってて若干、鬱野が陰キャ系イケメンに見える

 

★感想

 

個人的にこの4巻はお気に入りで寝る前に読むと異様に落ち着くから、何度も読んでる

 

鬱野は何でもない事で動揺し絶望する人間だと思ってたけど今回は事態を柔軟に受け止め、ウーバーイーツの配達員を始めるために体を鍛えたり、配達の流れを動画で予習してから働く

「あれ?鬱野って柔軟に環境に適応できる人間じゃないか?」としなやかな強さを感じた

 

なんというか…鬱野は社会人としての「当たり前」に縛られて葛藤してたけど、シフトが減らされても焦らず自分にできる仕事にするっとシフトチェンジするあたり「こいつ、ピンチ耐性強いな」と

 

言い方悪いけど不自由になれてる底辺はギリギリになると動けるというか、変な所でメンタル強かったりするから、この位の変化はなんとも思ってないのかもしれない(いや鬱野って別に底辺ではないな、私の方があかん)

 

 

黙食が義務付けられてる4巻では鬱野のネガティブひとり飯はうすめに感じたけど「食事は明るい所でしたほうが良い」という言葉と最終話の猫との話で、初めて鬱野が外の世界の生き物や世界と心を通わせ、自分の殻から出てきた感じがして鬱野の心境にも変化が現れてる気がした

 

この4巻「鬱ごはん」の分岐点になるかも!という予感がする

 

あと、鬱野が生き物を飼いたくなって、スマホで馬のアバターと夜中に佇んでいる場面はカタルシスが凄すぎて私の頭脳では処理しきれなかったので、一度見てほしい

 

 

 

 

【ワナオトコ続編】パーフェクト・トラップ

伝説的映画「saw」の脚本家による作品だということで観た

 

「パーフェクト・トラップ」

パーフェクト・トラップ(字幕版)

パーフェクト・トラップ(字幕版)

  • ジョシュ・スチュワート
Amazon

 

この映画は「ワナオトコ」という映画の続編

 

タイトルは知ってたけど私はまだ「ワナオトコ」を観てないので分かるかなあと心配にはなったけど充分楽しめた

 

✿登場人物✿

 

エレナ

耳が不自由な女性、友達と一緒に怪しげなクラブへ行ったところでコレクターにさらわれる

 

アーキン

コレクターの魔手から瀕死の状態で逃げたのに、エレナ救出作戦のためにつきあわされるかわいそうな男性

(たまにウォーキング・デッドのリックに見える)

 

捜査官

エレナを助けるために、精鋭部隊を連れてコレクターのアジトへのりこむ精鋭部隊のリーダー

 

コレクターを狩るための精鋭部隊

ザコ共

 

コレクター

人間を惨たらしく殺しその死体のパーツで「作品」のようなものを作っている、様々な罠を駆使して精鋭部隊を狩る、近接戦闘強し

 

★あらすじ

エレナは友達のミッシー、ジョシュと共に地下の怪しげなクラブへ繰り出す

 

大勢の若者が踊っている所を天井から眺めているコレクター

 

コレクターが装置を起動させると、若者達の頭めがけて棘のついたコンバインのようなものが全力発進し踊っている若者をミンチへと変えていく

阿鼻叫喚の嵐の中、エレナが赤い箱を開けるとアーキンという青年が閉じ込められていた

アーキンが逃げたあと、エレナがコレクターの手でその箱に閉じ込められて連れ去られる

 

コレクターの手から逃げ出せたアーキンだが、エレナの父の命により招集された捜査官達とコレクターのアジトへ乗り込む

 

様々な罠が仕掛けられたアジトから、エレナを救い出すことはできるのか?

 

悪夢の夜が幕を開ける

 

★感想

様々なトラップやスピード感、場面転換が「saw」っぽい

「いたた…」な場面はあるけど「saw」よりはきつくなく純粋にコレクターが仕掛けるトラップが見所の映画って感じ

 

あらすじでもかいた序盤のコンバインのトラップは、田んぼの稲みたいにスパパパパッと頭を刈り取られる若者達の演出がド派手

そこが派手すぎてあとのトラップの印象が薄くなった感じがするけど…まあ良し

 

コレクターから逃げ出そうとするエレナ、エレナを探す捜査官と精鋭部隊、アジトから侵入者を一掃しようとするコレクターが合流するまできっちり面白く観れた

結末も今度はあいつがコレクターになるのか…!?というワクワク感もあり、かなり楽しめた

 

しかし、終始思ってたのはアーキンがかわいそうだってこと

 

アーキンは前作「ワナオトコ」の主人公

せっかく逃げ出せたのに、他人の娘のためにあんなヤバいやつと再び戦わされるとは不憫な…

 

でも、結末を見た感じアーキンはかなりキーパーソンになりそう

 

次作があるならかなり物語的に面白い事になるのでは…3作目を切実に希望する

 

【ヤンデレ百合好きは最後まで観るべき】ハイテンション【スプラッター映画感想ネタバレ有】

たぶん私が10代くらいの頃の映画だろうか、当時すごく話題になったけど観れてなかったなーと思ってアマプラで配信されてたから悩みながらの視聴

なぜ悩んだかというと、フランスホラーは「マーターズ」とかの影響で難解なイメージがあって敬遠してたからです

(私はテリファーみたいな何も考えなくていいスプラッターが好きなので難解なやつは苦手)

 

けど、これはなんとなく理解できたので軽いあらすじと感想を語っていきます

 

★あらすじ

 

内容はかなりシンプル

 

登場人物

 

マリー

本作の主人公、スレンダーで可愛い顔をしている。ショートカットで男嫌い

 

アレックス

マリーの友達、ブラジル女好きの彼氏の浮気に悩まされている

フィフス・エレメントの歌うイカの人も演じていた女優)

 

巨体の男

ごっついでかいオッサン

 

 

マリーとアレックスは大学生で休みを利用してアレックスの実家に泊ってゆっくり過ごす事になった

アレックスの両親はマリーを暖かく迎えてくれる

 

友達同士でリラックスして過ごすひと時

彼氏の事でぐちるアレックス…少し苦い顔をしながら聞いているマリー

 

というのも、マリーはアレックスの事が好きなのだった

 

マリーはイヤホンで音楽を聞きながら一人でアレックスを想い部屋で悶々と(本当に悶々と)していた

 

…が、不審な物音に気づき階下に降りると死んだ犬と、頭から血を流した瀕死のアレックスのお父さんが巨体の男に首チョンパされていた

 

マリーは機転を利かして巨体の男をやり過ごすのだが、巨体の男はアレックスの家族を残虐に殺して、最後に拘束したアレックスをトラックの後部に乗せて連れ去ろうとする

 

愛するアレックスを助けるために、マリーは巨体の男と戦う事を決意して自らもトラックに乗り込むのだった

 

★ネタバレ感想

思いの外、良かった

 

物語の理解力が低い私でも最後まで観ることで「そう来ますか!」となるどんでん返しが待ってて物語的にも楽しめたし、視覚的にも派手でなかなかのスリルを味わえた

 

私的にはこの映画のハイライトはアレックスのお父さんの首チョンパ

まず、階段の冊にお父さんの頭だけが出るようにセットする

そして棚でお父さんの頭めがけて横からズコーンとやったら頭がなくなるという…(頭ってそんなにもろいか?)

 

特別に凝った殺し方はしてないけど、フランス映画特有のじっとりした感じの場面転換で殺しが行われるから、なんだか生々しくリアルに感じてちょっと気持ち悪くなる(マーターズの感じに似ている)

 

ただ後半から「あ、これはただの人殺すだけのスプラッター映画じゃないな」と確信

マリーが巨体の男のトラックを車で追跡してる場面で「?」と違和感を覚えたからだった

 

ここからネタバレ

 

 

マリーと巨体の男の仕草、持ち物が物語の要所要所でリンクしている

 

「まさかこの巨体男とマリーって同一人物か…?」

 

序盤マリーが助けに来たのにアレックスがパニックになっていたのも違和感があったなあ…他にも色々…うーむ…と感じてからの、すべての違和感を回収するあのラスト

スタイリッシュかつヤンデレ百合好きは歓喜しそうな最後だった

 

マーターズ」ほど難解じゃない、程よいどんでん返しも良かった

 

 

しかしなあ…マリーは本当にアレックスを愛してたんだろうとは思う、ただ親を殺るのはなあ…彼氏なら分かるけども…

 

アレックスはマリーをただの女友達としか思ってないし、大学とかで彼氏と過ごすアレックスを見て闇落ちしていって「自分とアレックス以外の奴らはこの世にいらん!」みたいになってマリーをあんな凶行に駆り立てた理由かもなあ

 

あの巨体の男はマリーの闇(アレックスに見せたくない自分の汚い部分)のような物を表してたのかなあと、うまく言語化できないけどそういうふうにこの映画を解釈してみた

 

物語の結末、手を振るマリーの笑顔が悲しかった

 

まだまだ考察できる映画だけどこのへんで

 

……最後に

 

マリー可愛いのに、マリーの闇あんなオッサンで良かったんか?

 

 

 

 

 

 

 

 

【「歪みの国のアリス」から「オズの国の歩き方」まで完全網羅】ナイトメア・プロジェクト公式ガイドブック

ナイトメアプロジェクトのゲームは昔プレイしたけど、うっすらとした記憶しかないので最近また遊び始めた「歪みの国のアリス」と「オズの国の歩き方」

これに加えて昨日「一夜怪談」もクリアした

 

とくに「歪みの国のアリス」は改めてプレイしたらファンタジーホラー要素が強いけど、主人公の亜莉子を王子様的に助けるチェシャ猫がかっこよすぎて沼にハマり、フリマサイトで昔出てたグッズまで買った

 

そして、キャラの設定なども読みたいなと思ってガイドブックも購入

 

ナイトメアプロジェクトのゲーム

歪みの国のアリス

「一夜怪談」

「迷ヒ家ノ鬼」

「Seventh Blood Vampire」

「オズの国の歩き方」

 

の、ゲームのフローチャート、各キャラの設定などにくわえてゲーム開発インタビューや「歪みの国のアリス」の小説2篇、漫画1篇

「一夜怪談」の前日譚の漫画1篇が収録されていてなかなかの読み応えがあった

 

カラーページなのは「歪みの国のアリス」だけなのでアリスメインになっているガイドブックなのかなーという印象

でも「オズの国の歩き方」のキャラ設定で、オズキャラの顔を拝めたのが良かった(ゲームはシルエットだけだから)

 

「一夜怪談」の全エンディングはまだ回収できてないから、フローチャートが助かる

これ見ながら、再プレイしようと思う

 

制作陣のインタビューや裏話も面白くて、ゲームへの心がこもっている

どのゲームも大切に作られてるんだなと感じた

 

小説も最高!!

 

歪みの国のアリスの小説

 

「薔薇の香りの招待状」著・狐塚冬里

亜莉子がいなくなりさみしがる不思議の国の住人達が集まってお茶会しながら相談する話

 

みんなワチャワチャしてて可愛いし、ゲームでは絡みのなかった不思議の国の住人同士の会話が楽しかった

 

「白雪姫の国のアリス」著・山城悦子

白雪姫になった亜莉子は七人の小人(不思議の国の住人)の家に逃げ込んだが、毒りんごをもったトカゲ男のビルが現れて…

 

こちらは歪みの国のアリスのゲームの脚本を描かれた方の作品

つまりこれは、公式のようなもの

ゲームでは鬱々してたキャラもめっちゃイキイキしてたのが良かった

ていうか、亜莉子の叔父さんは不思議の国の住人が見えるのどういうこと…

変態武村が水を得た魚みたいに亜莉子に言い寄ってるのも笑えた

 

ーーーー

 

歪みの国のアリスのゲームのバッドエンド「僕のアリス」が漫画化されてるのも良い

「一夜怪談」の前日譚もかなり気になる、これを長編のゲームにしてほしい

 

とにかく充実したガイドブックだった

 

歪みの国のアリス」はシロウサギを探して主人公の亜莉子の真実を探るファンタジーホラーノベルゲーム

「オズの国の歩き方」は記憶をなくしたドロシーが仲間を連れて、オズの国を巡る超長いノベルゲーム

 

この2つは最後までクリアした時にじわりと泣けたので、ぜひ!