読書をして映画も観る、猫も自慢する

〜猫を自慢しながら読書するブログ〜

ブラックユーモアが冴える「短劇」坂木司

f:id:ellery0y:20210610042425j:plain

6月に入って1冊目に読了した本

 

坂木司さんの「短劇」

 こちらは26篇の短編集になっており

そのなかでも、私がお気に入りだった話のあらすじとざっとした感想を書いていきたいと思います。

 

「雨やどり」

結婚を控えた女友達の買い物に付き合う主人公の男性の話

実は、主人公も女友達の事が好きだったのだけど、あろうことかその女友達の結婚相手は主人公の兄だった。そして、主人公の選んだ道は…

 

これは、精神がゴリゴリと削られてしまう話だった

主人公のねっとりとした復讐が地味に怖い

 

「M M」

会社での憂さ晴らしをネットの掲示板に書き込む事を日課としている母と同居している主人公の女性

その日も掲示板を見ていたのだが、投稿者MMという人物の書き込みを見ていると自分の生活を監視されているような書き込みばかりだった

MMの正体とは…

 

ネット社会だとこういうこともあるかも?といった感じで、作り話として読むことができなかった…

 

「ケーキ登場」

とあるフレンチレストランに来ている客たちのモノローグのみで展開していく話。

それぞれの思惑が絡みあい、最後にはケーキを運んだパティシエに絶望的な事態が起こる

 

登場人物のモノローグのみで展開していくのが面白い、全員に少しずつ関連性があって短い話なのに良くできている

 

「最後」

最後の人生を楽しむ男たち

最後のドライブ、最後の旅行、最後の食事、最後の美しい女性との性行為、最後の景色…

 

この話とにかく「さいご」に待っているオチが秀逸で、ぜひ読んでみてほしい「最後」と「最期」の使い分けがうまくておもわず唸ってしまった

 

「最先端」

自在に色の変わるネイルアートを施してもらった女性

しかし、その爪にはとんでもないものを埋め込まれてしまう鳥肌モノの話

 

想像するとゾワゾワする整理的嫌悪を煽るのがうまいなあと思った

 

「秘祭」

17歳の男女が大人になるために行われる通過儀礼の祭りの取材をさせてもらう事になった主人公。

しかし、その祭りは世にも恐ろしいものだった。

 

この祭り、もし私がされたなら離脱して憤死する可能性があるけど、誰もが「いっそころしてくれ…」と言いたくなる事必至だと思う

最後まで残っている村の村長の言い分にもめいっぱい皮肉が効いてて好きな話。

 

「眠り姫」

深い森の奥にあるお城で眠り続けているお姫様に会うことになった冒険家、いざキスをして起こそうとするも思った姫の体が膨張し腐り爆発してしまう。焦る冒険家だったが、姫の体は少しずつもとに戻っていった。

なんとか、死と再生を繰り返す姫を起こそうと奮闘する冒険家だったが…

 

「永遠の命」がいかに滑稽か、カボチャで例えて教えてくれる、くすりと笑える良い話だった。

 

★まとめ

坂木司さん作品については前に「和菓子のアン」を読んでいたのだけど、この作品がほんわか日常ミステリーだっただけに

「短劇」を読んだ時「おいおい、これ本当に同じ作者がかいた本かよ!」

と、つっこみをいれてしまった。

しかし、先にも書いた通り怖い話もあるけどサキ的なブラックユーモアが効いているし、オチも「それは予想できなかった」と思うような捻りがあって面白かった。

 

この作者さんはこれからも追いかけていこうと思う。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

 

些細な違和感を恐怖に変えた小説「ファミリー」森村誠一

f:id:ellery0y:20210601034923j:plain

まず謝罪したい、この幸せそうな家族のフリー素材写真、こんなホラー小説の感想書くのに使ってすみません。

 

私が5月に読んだ本

森村誠一「ファミリー」

 これね…たしか、子供の頃ドラマでやってて印象に残ってる作品なんです。

で、本屋で見つけたのでさっそく買って読んでみたんですが、いやー気持ち悪いし怖いし、本当に森村ワールドは最高だわと思わせてくれた一品でした。

 

ざっと説明をするとこんな本

★あらすじ

婚約までしていた恋人を事故で亡くした弓子は、職場の上司の紹介で羽室裕也と結婚して羽室家に嫁ぐことになった。

羽室の家族構成は舅の徹三、姑の繁子、長男の裕也、次男の一直、長女の睦子からなっている。弓子は今日からこの家族の一員になったのだ。

 

羽室の家族は皆、和気あいあいとしていて弓子にも優しい

母子家庭で育った弓子には理想のような家族だった

 

しかし、なぜかこの家族はそれぞれに薄い殻を貼ったような接し方をしているというような違和感を感じるのだ

 

でも家族なんてそんなものだろう、弓子は深く考えず

 幸せな日々を送るが、異変に気づいたのは些細な出来事だった

 

いつも隣で寝ている夫の裕也が夜中になると布団を抜け出してどこかに行くのだ。どこへ行くのだろうと弓子が後をつけてみると繁子の部屋。

そこで、弓子は思い出す

晩餐時になると繁子は息子である裕也に親というよりも恋人のような態度で振る舞っていることを

 

まさかこの二人は…いやそんなわけない、弓子はその思いを振り切る

 

だが、怪しいのはこの二人だけではなかった

 

睦子の寝室からそそくさと出てくる徹三

電話室の中で抱き合っていた一直と睦子

 

この家族は近親相姦でもしているのではないか

あまりにも異常だ、ここから逃げなくてはいけないのかもしれないと

考える弓子に追い打ちをかけるように決め手となる出来事が起こった

 

羽室家のお隣に住む沖野家の猫ミーを

繁子と一直が土に埋めようとしたのだ

 

というのも、日頃から繁子は沖野家を毛嫌いしている

それは並大抵のものではなく「監視している」という半ば強迫観念のような嫌い方なのだ、猫も例外ではない

 

こんな異常な家にはもういられない

 

弓子は友人の美津子に相談して離婚の手続きを進めるが、裕也との子供を妊娠した事が発覚する

それと、前後して繁子も弓子の妊娠に感づき、「その子供は羽室のものだ」と弓子を地下室に閉じ込める

 

 

★感想

f:id:ellery0y:20200926041441j:plain

 

もうムリ

 

近親相姦描写で気持ち悪くなってしまった

森村誠一さんの描く男女の描写が生々しい作品なんですよね。

 

でも、先が気になって次々と読んでしまう不思議。

 

弓子が閉じ込められてからの怒涛の展開は息をつくほどで、友人の美津子が沖野家と結託してものすごいファインプレーを見せるのは胸がすく思いだった。

 

羽室家と沖野家の関係もかなり意外だった

この驚きだけでも読んだかいがあったっもんよ

 

私はこの作品をホラーと書いてるけど伏線が貼られていて

後半でしっかり回収されるのでホラー寄りのミステリーといった感じ

 

結末もまた「ふえぇ…終わりがないよお」となるような後味の悪さだからバッドエンド好きの私としては最高の作品だった。

 

あと、私本当に森村誠一作品にハマってしまったので、しばらくこのブログで「森村ラッシュ」が続くかもしれない。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

 

 

 

 

めったに再読しない私が、有川浩「旅猫リポート」を読み返したからグチャグチャ文章で語る

f:id:ellery0y:20200901025207j:plain

何度もいうが、私は一回読んだ本はめったに読み返したりはしない

それは、大好物の古典推理小説にしてもそう

 

なぜなら、私はこの世に出ている本を少しでも多く読みたいので、一度読んだものは余程、心に残らない限りは読まずに、次の本に手を出してどんどん多くの本を読んでいくという考えを持っているから。

 

ただ例外として、これだけは定期的に読んでます

旅猫リポート (講談社文庫)

旅猫リポート (講談社文庫)

  • 作者:有川 浩
  • 発売日: 2017/02/15
  • メディア: 文庫
 

 私が持ってるのは単行本と絵本なんですけど

↓大まかなあらすじはここに書いてます(初期の感想だから下手だけど)

ellery0y.hatenablog.com

表紙はコロボックルシリーズで有名な村上勉さん↓

 「旅猫リポート」の単行本は表紙を外すと作中の悟とナナの名場面が描かれているんです

だから、単行本を買って家で大切に保存してるのですが、また先程読んでしまった

 

もうね、泣くのが癪で様々な難癖を付けて読んでみたんです

「飼い主が飼い猫に言ってほしいことを詰め込んだ願望みたいな本じゃないか」とか「動物ものは基本、お涙頂戴なんだよ」とか

挙句の果てに、Amazonの星1アンチレビュー読んだりして…涙を無理矢理止めようとしたんですけど、だめだ止まらない。

 

なにがそうさせるのか考えた

 

①猫のナナが語り手であるところ

 

基本ツンデレで、言葉遣いも荒いのに悟を想う言葉が端々ににじみ出ている

 

②ナナは悟が自分を飼えなくなった理由を知っているのであっさりと受け入れる

 

元野良猫のナナは人に飼われずとも生きていけるのに悟と里親を探す旅に出る。それは、悟の本心を見抜いていたから。

本当は悟だってナナを手放すつもりなど毛頭ない、それでも二人は旅を続けた。

その理由は、ここではネタバレになるから書けないけど

この先何が起こったとしても一緒にいよう、言葉を交わさなくても分かり合っているから、信じあってるからという思いが伝わった

 

そこが、とても愛おしくて泣けてくるポイントなんだと思う。

 

③言葉が通じない人間と動物だから良いというのもある

 

例えば、ナナが花畑で姿を見失い悟が探し出した場面で

ナナに「一人にしないでくれよ」と言うのだけども  

悟にとってナナは唯一、弱音を吐ける存在

それに対してナナは悟の寂しさなどずっと前から知っていたという意味の言葉をかける

ここで、初めて自由気ままなナナという猫が悟を守りたかった理由が分かるんですわ

 

そしてもうひとつ

 

ナナから離れる時にムリに着いていこうとするナナを悟がケージに閉じ込めて出ていく時に交わされた言葉

ナナ「悟のバカ!大好きだ!」

悟「僕だって大好きだ!」

置いていかれようとしているのにナナは悟にこんな言葉をぶつける

しかもなぜか、猫語で言ってるはずなのに悟に思い切り伝わってる

 

でも、悟の育てのおばさんや悟の友達から見るとナナはただ、ニャーニャーいってるだけなんですよね

 でも悟とナナは言葉を理解している

そこに、なにか…グッとくるものがある(語彙力) 

 

これが、仮に人間通しだったとしたら言葉で、互いの思いや感情などをぶつけることができるけど「旅猫リポート」の場合は人と猫だから言葉も通じないし、もどかしいところもある反面、心の奥底でこんなにも想い合ってる二人しか分からない世界がある

 

④異種族同士の絆の最高形態の理想

 

お涙頂戴だろうと関係ない

ペットを飼っている人なら知っている、人は動物と心を通わせる事もあることを

二人の想いがダイレクトに読む人にぶつかってくるから、ここまで泣けるんだと思う。 

 

悟の友達がみんな良い人すぎてそれもまた、この物語をさらに泣けるものにしているのもあるな。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ

 

 

 

【ちょい愚痴あり】解釈が難しい「忌館」三津田信三

f:id:ellery0y:20210506034240j:plain

三津田信三さん。

ホラーとミステリーを融合させた作風が特徴で、新感覚の読書体験ができるので最近、読みふけっている作家さんです。

 

この前読んだのがこの作品

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)

忌館 ホラー作家の棲む家 (講談社文庫)

 

 ちょっと、解釈が難しかったけどめっちゃ怖かったので

さくっと語っていきたいと思います。

 

★あらすじ

小説の選考会のメンバーに選ばれた著者の三津田信三

しかし、新人賞に奇妙な原稿が投稿される

その応募者の名前は「三津田信三

そう、著者本人から送られてきた原稿なのだが

著者はそんなものを送った覚えはないし、身に覚えもない

 

ひっかかるものを覚えながらも

著者はとある家に引っ越すことになった

その家というものは、過去に何度も凄惨な事件が起こった家

著者はあえて、そのような家に身を起き怪奇小説をかく仕事を始めようとする。

でも、その家に越してからというもの不可思議な現象に悩まされるようになった。

そんな時、著者の前に諒子という女性があらわれる。

 

★感想

f:id:ellery0y:20200920041544j:plain

この作品、著者の現在と著者のかいた怪奇小説を交互に読んでいって謎に迫るというような構成になっているのだけども

著者が家のせいで精神を蝕まれていく様が書いている小説から読み取れてかなり不気味です。

 

しかし、この作品

面白かったけど、私には解釈が難しかった。

 

著者の引っ越した館は人形荘といって、過去に何度も凄惨な殺人事件が起きている。

この複数の事件に共通するのは四人家族ということ。

父親、母親、姉、弟が、知り合いに残虐な方法で殺される

くわえて、この事件は7がつく時期に起きている

 

そして、著者が作中で書いている小説も四人家族が人形荘に越してきて

事件に巻き込まれるという話

 

何度も現実の著者をめぐる怪奇現象と小説を行ったり来たりするので

現実の人形荘で起きた現象と、著者の小説の話が入り乱れていって

どちらが真実なのか分からなくなってくる

 

それでも、読む手が止まらないのが不思議

特に、諒子の正体が明らかになってからの怒涛の伏線回収劇が素晴らしかった

 

それでもひとつ、疑問なことはある

 

もうここからは、私の読解力がないせいなのかもしれないけど、正直に思った事を書いておく。

 

冒頭に著者本人である「三津田信三」から送られてきた原稿の事は、物語後半で送ってきた者の正体が分かるんだけど、ぶっちゃけ言わせてもらうとこの謎はいるのか?

 

原稿についての謎はどちらでもいいから、もう少し人形荘を取り巻く謎を掘り下げてほしかった。

今までの殺人事件が四人家族である理由、7という数字の謎

人形荘のジオラマの謎は?

最初に人形荘に越してきたソーンダーク1家は誰に殺されたのか?

一連の怪奇現象は殺された者の怨念なのか?

それとも人形荘という館自体に人(犯人)を狂わせるなにかがあるのか?

 

後日談の「西日」という作品も収録されているのだけども

読んでもまだ、分からなくて消化不良な感じがした

(いや、デビュー作品だから、こんな感じでちょうど良いか…)

 

ホラー・ミステリーというジャンルの作品だけど、ミステリー要素は原稿のくだりで、それ以外はホラー要素が強めなので、むりやりミステリー要素を入れなくてもホラーに全振りしても良いと思った。

ホラーだけだったとしてもかなり面白い作品だったし。

 

どちらかというと、私が去年読んだ

どこの家にも怖いものはいる (中公文庫)

どこの家にも怖いものはいる (中公文庫)

 

 ↑こっちの方が、ホラーミステリーという新しいジャンルを確立してると思った。

 

しかし、この作家さんは恐怖を煽るのが本当に上手くて読んでいて思わず後ろを振り返ってしまうほど…この恐怖描写だけでもご飯三杯はいける。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

 

 

増幅していく嘘「少女地獄」夢野久作

f:id:ellery0y:20210425034221j:plain

ドグラ・マグラ」「いなかの、じけん」以来の夢野久作

少女地獄 (角川文庫)

少女地獄 (角川文庫)

  • 作者:夢野 久作
  • 発売日: 1976/11/29
  • メディア: 文庫
 

 ↑私は夢野久作けっこう好きでコレクションしたいので文庫(米倉斉加年のカバーイラストのもの)で読んだのですが

Kindle青空文庫などで無料で読めるので下に貼っときます。

少女地獄

少女地獄

 

 面白いですよ。

 

★あらすじと感想

f:id:ellery0y:20200921042521j:plain

「少女地獄」は3部構成になっており

 

1部・何でもない

姫草ユリ子というひとりの少女が杵臼病院に看護師としてやとわれる

杵臼医院長もその家族も魅力的な彼女に最初は好意を持って接していたが、彼女の小さな嘘がほころびを見せてきて、杵臼家族を巻き込みやがて彼女は自殺をしてしまう。

自殺をするまでのユリ子の心理描写が怖い話。

 

2部・殺人リレー

友人を死に追いやった男に復讐を企てる女が主人公の話

まず、女はその男と知り合い付き合うことになる、女は付き合ううちにその男に惹かれていくが、当初の目的を遂行するのをやめなかった。

ドライブをしている時に故意に事故を起こして殺し、警察にもうまく嘘をついて復讐は上手くいく。

だが、女はその後で男の子供を妊娠していることを知る。

罪悪感に苛まれる主人公の女の感情や心の移り変わりを描くのが上手いと思った作品。

 

3部・火星の女

県立女学校で黒焦げに焼けた少女の死体が見つかり、その謎を暴くのだが、学校に原因があることがわかり警察や新聞社に追い込まれた学校長と女教師が自殺をする。

 

やがて、少女の遺書がある人物の手を介して送られてくる。

その遺書には黒焦げ少女が学校長やまわりの教師、生徒にいかに追い詰められ自殺するまでに至ったかが刻々としたためられていた。

 

この話は少女が自殺をする前に、自分を傷つけた教師たちに一世一代の復讐を果たすまでが描かれているけど、正直な話、救いがない上に胸糞悪かった。

ーーーーーーーーーー

こんな感じで「嘘」と「少女」をテーマにした話となっている。

 

そりゃあ生きてたら些細な嘘くらいつくだろーとか思いながら読んでたんだけど、その一見しょうもない嘘がとんでもないことになる可能性もあるという事を描きたい作品なのかなあ。

 

でも世の中、バカ正直に生きてたら損をすることもある。現に私が嘘付くやつに裏切られてきたので、私も真面目に生きていくという考えはとっくに捨てた。

だから、この作品を読んでも正直にまっすぐ生きていこうとは思えない。

 

そのせいか「火星の女」はまわりが悪いせいで嘘をつかざる負えなかったわけだから、かわいそうだけど

「何でもない」のユリ子と「殺人リレー」の女は、自分自身が目的を果たすためについた嘘なんだからもう少しうまくやれよ、できないなら計画性のない嘘をつくなよとしか思えなかった。

 

私の性格が悪いのだろうか…でも、現代って「少女地獄」の時代と違ってもう誠実なだけでは渡っていけないと世の中だと思うから嘘は怖いみたいな作品を読んでも「うん…」としか言えない。

 

★他のお話

Kindleの方は分からないけど、文庫は「少女地獄」のほかに3篇の短編が収録されている。

 

「童貞」

おそらく結核の余命の少ない青年が美しい女性と出会う、その女性はとある事情で警察に追われている身だったが、青年はその女性のことが忘れられずその後を追う。

 

結末が畜生すぎる凄い作品だった。

 

「けむりを吐かぬ煙突」

新聞社に務める主人公は金持ちの人間の内幕を暴いて売りつけて金にしていた。その日もとある未亡人の不審な行動を暴くために家に訪れた。

未亡人は主人公を存外、あっさりともてなして自身の恐るべき秘密を語りだす。

 

とにかく、イカれたやつしか出てこないのでこの本の中でも地味にぶっ飛んだ話だと思う。結末は気持ち悪い。

 

「女杭主」

国に不満を持つ青年たちが戦争に一役買うために女杭主である眉香子にダイナマイトを手配してほしいと頼む。

眉香子は快く引き受けるが、青年たちにその前に乾杯しましょうと誘う。

やがて、青年たちは眉香子の、思惑にはまってゆく。

 

これはなぜか眉香子の強かさだし、腹をくくって生きてる印象を受けてあっぱれと思ってしまった。

 

ーーーーーーーーーー

 

かなり、長い感想になったけど「少女地獄」

夢野久作独特のネットリ感をとくと味わうことができる素晴らしき作品だった。

ドグラ・マグラより読みやすいです。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第30回鮎川哲也賞受賞作「五色の殺人者」千田理緒

f:id:ellery0y:20210423024536j:plain

最近、ネット麻雀で国士無双に2回連続で振り込むという不運を味わったので、しばらくは麻雀から離れてひたすら本を読みたいと思って読んだ推理小説

五色の殺人者

五色の殺人者

  • 作者:千田 理緒
  • 発売日: 2020/10/10
  • メディア: 単行本
 

 「五色の殺人者」鮎川哲也賞の受賞作

「?!」となるようなトリックが意外だった作品。

 

★あらすじ

f:id:ellery0y:20200920041544j:plain

介護施設「あずき荘」の利用者、姫野一郎が後頭部から血を流した死体として見つかる。

 

捜査にのりだした警察が、あずき荘の利用者5人に逃走した犯人の服の色の目撃証言を聞くが「赤」「青」「緑」「白」「黒」とみんなバラバラなのだ。

服の色を見間違うには無理があるし、凶器もないので捜査は困難を極めていたが、やがてあずき荘の利用者、藤原和子の孫、藤原イツキに嫌疑がかかる。

 

それに納得のいかない職員のメイとハルは藤原の嫌疑を晴らすために独自の捜査に乗り出すことにした。

 

★感想

f:id:ellery0y:20200921042521j:plain

ひっさしぶりに謎解き要素が強い新本格ミステリー読んだって感じがする

メイがミステリー小説好きなキャラで探偵役なのも良い

 

謎解きに関しても介護施設が舞台っていうのが新鮮で「お年寄りだからこそ」おこる違いをうまく使ったトリックだった

 

話の随所に手がかりが張り巡らされているので常に気を配って読んでいないとこの作品の謎を解くことはできない、それほど緻密に考えられたトリックだった

 

また、登場人物に感情移入し始める物語中盤から意外な人物がとんでもない目に合ったり、読者を盛大に騙すような解答編など最後の最後まで「あっ」と驚かされてしまう展開の連続で一切気が抜けない推理小説だった。

 

でも、登場人物の会話がライトだし結構コミカルな場面もあるので話が暗くなりすぎなくて良い味を出している。

 

そして、毎度のことながら私は推理小説好きなのに謎を解くことができなかった。

 

私としてはお年寄りは緑を青と言ったりするので、まあそんな感じの言い方の違いで犯人の服がややこしくなってるだけじゃないのか?と思って推理を進めながら読んでいたんだけども完全に意表を突かれたし、消えた凶器に至ってはわからなかったし、最後の登場人物の名前なんか普通に引っ掛かった。

 

ただ、バラバラだった手がかりがまとまりを見せて真相が明らかになったときのすっきり感ははんぱない。

 

著者が出した手がかりをパズルのような感覚で組み上げて謎解きを楽しめる鮎川哲也賞にふさわしい良き1冊だった。

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

 

 

 

【嫌ミス】ギリアン・フリン「ゴーン・ガール」上巻感想

f:id:ellery0y:20210419024126j:plain

……こんなヘビーなミステリー小説だったんか。

 

映画化もして話題になった「ゴーン・ガール」私は気になりつつも観てなかった。

私は映画は先に原作を読む派だから映画を観ることができなかったのだけども、この前原作の上巻を読了しました。

 

ゴーン・ガール 上

ゴーン・ガール 上

 

★あらすじ

f:id:ellery0y:20200920041544j:plain

ニューヨークでライターをしていたが電子の波により失業した34歳のニックは、奥さんのエイミーを連れて故郷ミズーリの実家に戻った。

金はないながらもほそぼそとやっていた二人のように見えたが、結婚5周年の記念日にエイミーは失踪する。

 

エイミーはさらわれたのか、亡くなったのか

ニックの現在とエイミーの日記を読みながら展開していく作品。

エイミーの過去から様々な関係者をあたり、失踪前の行動を洗うと驚きの事実が明らかになる。 

 

↓【ちょっとネタバレ】

 

ニックはエイミーを探すために捜査に協力するのだが、ニックにとって都合の悪い証拠が次々と発見されついに警察に嫌疑をかけられることになり、弁護士を雇うことになる。

 

ここまでが上巻のあらすじ。

 

 

★感想

f:id:ellery0y:20180912063015j:plain

↑上巻読み終わった私の顔

 

ドロドロしてるなあ…

 

世界中の結婚生活から嫌なところを抜き取り、ニックとエイミーに詰め込みましたと言わんばかりのドロドロかげん。

 

というかエイミーよく我慢できたなあ

 

夫の親と暮らすという地獄環境、ニックは無関心なので親の介護はエイミーがする、ミズーリという田舎暮らしの不自由さ…おまけにニックに財産とられたうえに、浮気までされる。

なんというかニックが自己中すぎてイライラした。

完全にエイミー側に立って読んでた。

 

でも、ニックの目線からエイミーを見るとエイミーも充分におかしいしなあ…どっちもどっちか…

何だったら登場人物みんなおかしいしなあ、この作品。

 

うまくいえないけど

ニックの独白とエイミーの日記を読んでるととにかくこの夫婦は見えてるものが違うんかいと言いたくなるほどすれ違っている

まあ…なんだ、もしこんな夫婦が身近にいたら「離婚したら?」と思う

(口に出しては言わないけど心のなかで思う)

 

まあ、そういう感情的なことは置いといてミステリーとしてはかなり面白い作品で遅読の私にしてはかなり早く読めた。

次々と発覚するニックにとって悪い新事実、サクサク進んでいく物語、急展開の連続で退屈することがなかった。

 

上巻で一通りの手がかりとニックとエイミーの夫婦関係の真実を示す証拠が出そろったわけだけども、下巻でどうやってこの伏線が回収されていくのか楽しみ。

 

私としてはニック犯人説をおしたいけど、ぶっちゃけニックが犯人ならここまで「自分が犯人です」とでも言いたげな不利になる証拠を残したりしないと思うから、やっぱ失踪したエイミー側にからくりがあるのかな…?

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ